チェックは必要?不要?「デバイスをAmazonアカウントにリンクする(簡単セットアップ)」

フラストレーションフリーセットアップ 簡単セットアップ Wi-Fi簡単設定 デバイスをAmazonアカウントにリンクするAmazonサービス
©Amazon.co.jp
約4分で読めます

Amazonデバイスの購入時に「デバイスをAmazonアカウントにリンクする(簡単セットアップ)」にチェックを入れるべきか悩まれる方も多いはずです。

そこで、このチェックの有無で何が変わるのか、そもそも簡単セットアップとは何かなどを調べた結果をご紹介します。

意外にシンプル?Amazonアカウントと端末の登録(紐付け)管理
Amazonアカウントと端末の登録(紐付け)にあたり、利用するサービスと登録先の関係、利用制限の有無などを調べた結果をご紹介します。

「簡単セットアップ」とは?

キーワードは「フラストレーションフリーセットアップ」

「簡単セットアップ」は「フラストレーションフリーセットアップ(Frustration-Free Setup)」とも呼ばれ、スマートホーム製品の設定を簡単にするAmazonさんの取り組みの総称です

その中心となるのが「Wi-Fi簡単設定(Wi-Fi Simple Setup)」で、Wi-Fi情報を予めAmazonさんに保存しておくと、接続済みのEcho端末などを介して、追加のスマートホーム製品を自動でWi-Fiに接続してくれる仕組みです。

リンク

「簡単セットアップ」の利用条件

「簡単セットアップ」の利用条件
  1. 追加する端末がWi-Fi簡単設定に対応している
  2. Wi-Fiネットワーク内に接続済みのWi-Fi簡単設定に対応した端末がある
  3. Wi-FiパスワードをAmazonに保存している

簡単セットアップを利用するための条件は上の3つです。

ここで注意したいのが、Wi-Fiネットワーク内に接続済みのWi-Fi簡単設定に対応した端末が必要な点です。

Amazonさんに保存されたWi-Fi情報は、すでに接続済みの端末を介して追加する端末に設定されます。

つまり、1台目は自力で設定する必要があります

1台目は自力で設定する必要がある

1台目は自力で設定する必要がある

「デバイスをAmazonアカウントにリンクする(簡単セットアップ)」のチェックの有無

簡単セットアップには「購入時のAmazonアカウントを使用する方法」と「Alexaアプリを使用する方法」の2種類あり、購入時に「デバイスをAmazonアカウントにリンクする(簡単セットアップ)」のチェック有りで前者、無しで後者の方法でWi-Fiに接続します。

前者は購入に使用したAmazonアカウントに端末のシリアル番号(DSN)が出荷段階で登録されており、電源投入後、簡単セットアップの利用条件を満たしていると自動でWi-Fiに接続してくれます。

後者は電源投入後、Alexaアプリを介してAmazonアカウントと端末をリンクさせる必要がありますが、それさえ済んでしまえば前者と同じように自動でWi-Fiに接続してくれます。

チェック有りでAmazonアカウントに端末が登録された状態で出荷

チェック有りでAmazonアカウントに端末が登録された状態で出荷

購入時のAmazonアカウントへのリンクは必要?不要?

「デバイスをAmazonアカウントにリンクする(簡単セットアップ)」のチェックですが、我が家はチェックを入れずに購入しています

電源を入れるだけでWi-Fi設定が完了するのは確かに便利ですが、端末の名前変更などにAlexaアプリを使用するため、結局のところ必要な労力はあまり変わりません。

Alexaアプリが優秀なため、アプリを起点に設定を一括で終らせる方が私は楽な気がします。

Alexaアプリで一括設定が楽かも?

Alexaアプリで一括設定が楽かも?

接続規格「Matter」の普及で状況が変わるかも?

Amazonさん以外にもAppleさんやGoogleさんなど名だたる企業が開発に参加しているスマートホーム向け接続規格「Matter(マター)」。

AmazonさんはMatter認定デバイスメーカーとの協業に力を入れていて、今後はフラストレーションフリーセットアップの更なる普及が期待されます。

リンク先の記事ですと、インターネット接続がない状態でデバイスをコントロールする機能や、共通アプリで一括設定できる機能は面白そうですし、思いも寄らない便利な機能が実現されるかも知れませんね。

Wi-Fiパスワードの削除と簡単セットアップの無効化

Amazonさんに保存されたWi-Fiパスワードの削除と簡単セットアップ(フラストレーションフリーセットアップ)の無効化は「アカウントサービス」から下の手順でできます。

なお、Wi-Fiパスワードの削除は各端末からもできますが、この場合は各端末から保存されたパスワードのみが削除されますので、アカウントサービスから一括削除するのがオススメです。

操作手順

[アカウントサービス] → [コンテンツと端末の管理] → [設定] → [Wi-Fiパスワードが保存されました] →

  • [保存されたWi-Fiパスワード すべてのデバイス] → [削除]
  • [フラストレーションフリーセットアップが有効です] → [無効にする]
Wi-Fiパスワードの削除と簡単セットアップの無効化は「アカウントサービス」から

Wi-Fiパスワードの削除と簡単セットアップの無効化は「アカウントサービス」から

まとめ

今でこそ我が家のWi-Fi管理人を自任する私も、数年前まではBDレコーダーの操作すらままならなかったわけですから、スマートホーム製品が家電の延長線上にあると思えば設定はできるだけ簡単なのが理想ですね。

今のところ我が家は購入時のAmazonアカウントを使用した簡単セットアップの恩恵にあずかっていませんが、更なる進化に期待です。

タイトルとURLをコピーしました