【第12世代 2022年モデル】Fire 7 タブレット新旧モデル比較

Amazon Fireタブレット Fire 7 キッズモデル 新旧モデル 比較 レビュー選び方・周辺機器
約5分で読めます

AmazonさんのFireタブレットで第12世代となる『Fire 7 タブレット 2022年モデル』と『Fire 7 キッズモデル 2022年モデル』が6月29日に販売を開始しました。

そこで新旧モデルの比較や私が気になる注目ポイント、買い替えオススメ度をご紹介します。

発売はいつ?買い時は?Fireタブレットの新モデルと買い時モデル
次に発売が予想されるFireタブレットの新モデルや時期、今が買い時の現行モデルをご紹介します。

Fire 7 タブレット新旧モデル比較

左がFire 7 2022年モデル、右がFire 7 2019年モデル

左がFire 7 2022年モデル、右がFire 7 2019年モデル


Fire 7 タブレットの新旧モデルを比較するため、Amazonさんの比較表や仕様表をまとめ直したのが下の表です。

これだけではわかりにくいため、これをベースに私が気になる注目ポイントをご紹介します。

なお、本体サイズが変更されたため、残念ですが旧モデルのケース類は使い回すことはできません。

Fire 7
2022年モデル
Fire 7
2019年モデル
世代第12世代第9世代
価格6,980円 (16GB)5,980円 (16GB)
7,980円 (32GB)
画面サイズ7インチ
解像度1024 x 600
本体サイズ181 x 118 x 9.7mm192 x 115 x 9.6mm
重量282g286g
初期OSFire OS 8Fire OS 6
ABI32bit/64bit hybrid32bit
CPUARM Cortex-A53 2GHzARM Cortex-A53 1.3GHz
GPUARM Mali-G52 3EE MC1ARM Mali-T720 MP2
RAM2GB1GB
内部ストレージ16GB16GB / 32GB
microSDカード1TBまで対応512GBまで対応
バッテリー最大10時間最大7時間
充電時間約4時間
USBポートUSB Type-C
(USB2.0)
Micro USB
(USB2.0)
オーディオモノラルスピーカー、
3.5mmステレオジャック、
マイク
カメラフロント : 2メガピクセル、
リア : 2メガピクセル、
HD720p動画撮影対応
Wi-Fiデュアルバンド
802.11a/b/g/n/ac
(Wi-Fi 5)
デュアルバンド
802.11a/b/g/n
(Wi-Fi 4)
Bluetooth5.0 LE4.1 LE
位置情報
サービス
Wi-Fiベース (GPS非搭載)
Alexaハンズフリー対応
保証期間1年間90日間
同梱内容Fire 7本体、
USB-C(2.0)ケーブル、
5W 電源アダプタ、
スタートガイド
Fire 7本体、
USB(2.0)ケーブル、
5W 電源アダプタ、
スタートガイド

Fire 7 2022年モデルの注目ポイント

「持ち運び」に特化したデザイン

旧モデルからフロントカメラの位置が変わり、縦向き状態の上部から横向き状態の上部に変更されました。

縦方向のベゼル幅も狭まり、すっきりした印象になったと共に、縦でも横でも持ちやすくなりました。

バッテリー駆動時間が10時間に延び、落下テストでの耐久性はiPad Mini(2021)の2倍もあるそうで、まさに「持ち運び」に特化したデザインですね。

『Fire HD 8 2020年モデル』のミニサイズ版

CPU・GPU強化、RAM容量2倍、USB Type-Cポート採用、Wi-Fi 5対応、Bluetooth 5.0 LE対応、microSDカード対応容量の増加と旧モデルから順当に性能アップしています。

実は本体サイズとディスプレイ解像度、スピーカーを除き、『Fire HD 8 2020年モデル』と性能に差がなくなりました。

まさにFire 7 2022年モデルはFire HD 8 2020年モデルのミニサイズ版になりましたね。

保証が1年間に延長

プレスリリースでは触れていませんが、素晴しい変更点として、標準保証が90日間から1年間に延長されました。

これまで1年間の標準保証は『Fire HD 10 シリーズ』だけでしたが、これからは全モデルで採用されるかも知れませんね。

『キッズモデル』もラインアップ

「壊れたら何度でも交換できる2年間保証」と『キッズカバー』、『Amazon Kids+ 1年間利用権』のセットでおなじみの『Fire 7 キッズモデル 2022年モデル』も同時に販売を開始しました。

Fire 7 キッズモデル
2022年モデル
Fire 7 キッズモデル
2019年モデル
価格12,980円11,980円
本体サイズ201 x 162 x 28mm220 x 161 x 25.8mm
重量429g456g
内部ストレージ16GB
保証期間2年間
同梱内容Fire 7本体、
キッズカバー
USB-C(2.0)ケーブル、
5W 電源アダプタ、
スタートガイド
Fire 7本体、
キッズカバー
USB(2.0)ケーブル、
5W 電源アダプタ、
スタートガイド
※Fire 7と異なる項目のみ抜粋
家族みんなに最適!Fireタブレット キッズモデルのポイント解説と選び方
Amazon Fire 7・Fire HD 8・Fire HD 10 タブレット キッズモデルを実際に使ってみて感じたポイントと最適なモデルの選び方をご紹介します。

上級者向け補足

初期OSがAndroid 11ベースの「Fire OS 8」に、ABIが「32bit/64bit hybrid」に変更されました。

この変更による影響か、Google アカウントの同期に制限があるようで、従来の方法でGoogle Playはインストールできますが動作は不安定です。

【詳細解説】超簡単!FireタブレットにGoogle Playをインストールする方法
Amazon Fire タブレットにGoogle PlayをインストールしてAndroidアプリを使う手順やポイントを丁寧にご紹介します。Fire 7、Fire HD 8、Fire HD 10対応。

買い替えオススメ度は?

Fire 7の旧モデルや他サイズのFireタブレットをお持ちで『Fire 7 タブレット 2022年モデル』や『Fire 7 キッズモデル 2022年モデル』への買い替えを検討されている方向けに、買い替えオススメ度をご紹介します。

同サイズのFire 7 旧モデルからの買い替えは、間違いなくオススメです。

一方で、他サイズのFire HD 8やFire HD 10からの買い替えは、ディスプレイの解像度の低さから用途が制限される可能性があるため、「持ち運び」にメリットを見いだせるか検討が必要です。

まとめ

第12世代となる『Fire 7 タブレット 2022年モデル』と『Fire 7 キッズモデル 2022年モデル』が約3年ぶりに登場です。

正直、Fire 7は終売だと思っていたので、うれしい誤算でしたが、順当に性能アップした良モデルになりました。

「持ち運び」に特化したデザインへの変更は、旧モデルをお持ちの方の買い替えや、上位サイズのモデルをお持ちの方の買い増しにもオススメですね。


タイトルとURLをコピーしました