【第12世代 2022年モデル】Fire HD 8 タブレット新旧モデル比較

Amazon Fireタブレット Fire HD 8 Plus キッズモデル 新旧モデル 比較 レビュー選び方・周辺機器
約7分で読めます

AmazonさんのFireタブレットで第12世代となる『Fire HD 8 タブレット 2022年モデル』『Fire HD 8 Plus タブレット 2022年モデル』『Fire HD 8 キッズモデル 2022年モデル』が10月19日発売予定で予約を開始しました。

そこで旧モデルとなる第10世代の2020年モデルとの比較や私が気になる注目ポイント、買い替えオススメ度をご紹介します。

発売はいつ?買い時は?Fireタブレットの新モデルと買い時モデル
次に発売が予想されるFireタブレットの新モデルや時期、今が買い時の現行モデルをご紹介します。

Fire HD 8 タブレット新旧モデル比較

Fire HD 8 タブレットの新旧モデルを比較するため、Amazonさんの比較表や仕様表をまとめ直したのが下の表です。

これだけではわかりにくいため、これをベースに私が気になる注目ポイントをご紹介します。

Fire HD 8
2022年モデル
Fire HD 8 Plus
2022年モデル
Fire HD 8
2020年モデル
Fire HD 8 Plus
2020年モデル
世代第12世代第10世代
参考価格11,980円 (32GB)
13,980円 (64GB)
13,980円 (32GB)
15,980円 (64GB)
9,980円 (32GB)
11,980円 (64GB)
11,980円 (32GB)
13,980円 (64GB)
画面サイズ8インチ
解像度1280 x 800
本体サイズ201.9 x 137.3 x 9.6mm202 x 137 x 9.7mm
重量337g342g355g
初期OSFire OS 8Fire OS 7
ABI32bit/64bit32bit
CPU6x ARM Cortex-A55 2GHz4x ARM Cortex-A53 2GHz
GPUARM Mali-G52 2EE MC2ARM Mali-G52 3EE MC1
RAM2GB3GB2GB3GB
内部ストレージ32GB / 64GB32GB / 64GB
microSDカード1TBまで対応
バッテリー最大13時間最大12時間
充電時間約5時間約3時間約5時間約4時間
ワイヤレス充電非対応対応非対応対応
USBポートUSB Type-C (USB2.0)
オーディオDolby Atmos デュアルステレオスピーカー、
3.5mmステレオジャック、
マイク
カメラフロント : 2MP、
リア : 2MP、
HD720p動画撮影
フロント : 2MP、
HD720p動画撮影、
リア : 5MP、
HD1080p動画撮影
フロント : 2MP、
リア : 2MP、
HD720p動画撮影
Wi-Fiデュアルバンド 802.11a/b/g/n/ac (Wi-Fi 5)
Bluetooth5.2 LE5.0 LE
位置情報
サービス
Wi-Fiベース (GPS非搭載)
Alexaハンズフリー、Showモード対応
保証期間1年間90日間
同梱内容Fire HD 8本体、
USB-Cケーブル、
5W 電源アダプタ、
スタートガイド
Fire HD 8 Plus本体、
USB-Cケーブル、
9W 電源アダプタ、
スタートガイド
Fire HD 8本体、
USB-Cケーブル、
5W 電源アダプタ、
スタートガイド
Fire HD 8 Plus本体、
USB-Cケーブル、
9W 電源アダプタ、
スタートガイド

Fire HD 8 2022年モデルの注目ポイント

最大30%高速化、ディスプレイミラーリング復活

Fire HD 8 タブレット 2022年モデル』は、CPU・GPU強化、Bluetooth 5.2 LE対応と、2020年モデルから順当に性能アップしています。

最大30%高速化したにもかかわらず、バッテリー駆動時間が13時間に延びましたし、強化アルミノシリケートガラスの採用によりスクリーンの強度が向上していますから、持ち運びにもピッタリですね。

また、Miracast対応テレビへ動画やアプリなどを映し出すことができる、ディスプレイミラーリングが復活したのもうれしいです。

保証が1年間に延長

プレスリリースでは触れていませんが素晴しい変更点として、標準保証が90日間から1年間に延長されました。

これでFireタブレット全モデルの標準保証が1年間になりましたね。

2020年モデル用アクセサリは使える?

2022年モデルは本体サイズが変更されていますが誤差に近い数字です。

調べたところ、ほぼ純正品扱いのナカバヤシさんの『Digio2 液晶保護フィルム』は、2020年モデル用が2022年モデル用として継続販売されています。

また、非純正品ですがTRkinさんの『三つ折りスタンドケース』も、2020年モデル用が2022年モデル対応をうたっています。

本体サイズとはあまり関係がありませんが、Made for Amazon認定取得『ワイヤレス充電スタンド』も、2020年モデル用が2022年モデル用として継続販売されています。

ものによっては2020年モデル用のアクセサリを使い回すことができるかも知れませんね。

3GB RAM・ワイヤレス充電対応『Fire HD 8 Plus』もラインアップ

「3GB RAM・ワイヤレス充電対応」の『Fire HD 8 Plus 2022年モデル』もラインアップです。

2020年モデルから、リアカメラが5メガピクセル、HD1080p動画撮影対応に変更されました。

2年間保証付き『キッズモデル』もラインアップ

「壊れたら何度でも交換できる2年間保証」と『Amazon Kids+ 1年間利用権』のセットでおなじみの『Fire HD 8 キッズモデル 2022年モデル』もラインアップです。

付属の『キッズカバー』は『Fire 7 キッズモデル 2022年モデル』『Fire HD 10 キッズモデル 2021年モデル』と同じタイプになりましたね。

家族みんなに最適!Fireタブレット キッズモデルのポイント解説と選び方
Amazon Fire 7・Fire HD 8・Fire HD 10 タブレット キッズモデルを実際に使ってみて感じたポイントと最適なモデルの選び方をご紹介します。
Fire HD 8 キッズモデル
2022年モデル
Fire HD 8 キッズモデル
2020年モデル
価格15,980円14,980円
本体サイズ222 x 180 x 27mm233 x 184 x 26mm
重量518g550g
内部ストレージ32GB
保証期間2年間
同梱内容Fire HD 8本体、
キッズカバー
USB-Cケーブル、
5W 電源アダプタ、
スタートガイド
※Fire HD 8と異なる項目のみ抜粋

上級者向け補足

初期OSがAndroid 11ベースの「Fire OS 8」に、ABIが「32bit/64bit」に変更されました。

64bit対応で使えるアプリが増えますし、Fire OS 8は旧OSに比べてキビキビ動く感じがして好印象ですが、少し凝った使い方をされたい場合は気を付けてください。

Fire OS 8は『Fire 7 タブレット 2022年モデル』に先行で搭載されましたが、残念ながらGoogle Playは動作しません。

【詳細解説】超簡単!FireタブレットにGoogle Playをインストールする方法
Amazon Fire タブレットにGoogle PlayをインストールしてAndroidアプリを使う手順やポイントを丁寧にご紹介します。Fire 7、Fire HD 8、Fire HD 10対応。

2022年モデルのオススメは?

内部ストレージやRAMの違いなど、全部で5種類がラインアップしているため、どれを選んで良いのか迷ってしまいますよね?

そこで2022年モデルの新規購入を検討されている方向けに、オススメを2つご紹介します。

Fire HD 8 タブレット 32GB

オススメの1つ目は『Fire HD 8 タブレット 32GB 2022年モデル』です。

「3GB RAM・ワイヤレス充電対応」の『Fire HD 8 Plus 32GB 2022年モデル』がプラス2,000円で購入できますから、こちらと迷いますよね?

ですが、2022年モデルはGoogle Playが動作しないため、Amazonさんの各種サービスを利用するような「普通の使い方」であれば、RAM 2GBと3GBの差を実感することは少ないはずです(私は2020年モデルで差がないのを体験済みです)。

ワイヤレス充電は確かに魅力的ですが、充電の繰り返しによるUSBポートの故障は、1年間に延長された保証でカバーして貰いましょう。

また、Google Playが動作しないため、アプリの保存先制限も少ないでしょうから、内部ストレージ容量は32GBで十分です。

ビデオやKindle本の保存容量が不足した場合は、microSDカードの追加で対応できますから安心ですね。

簡単・安全!FireタブレットでmicroSDカードを設定する方法
Fireタブレットの容量不足を手軽に解消してくれるmicroSDカードの設定手順やポイントなどを初心者と上級者向けにご紹介します。

Fire HD 8 キッズモデル

オススメの2つ目は『Fire HD 8 キッズモデル 2022年モデル』です。

もともとキッズモデルはコスパが良好でしたが、2022年モデルは1,000円の値上げで済んだため、2020年モデルに比べて2,000円以上もお得になりました。

タブレット本体は上でオススメした『Fire HD 8 タブレット 32GB 2022年モデル』ですから、保証期間が心配で「事故保証プラン」の購入を検討されるのであれば、手厚い保証が付いたキッズモデルがオススメです。

Fire HD 8
2022年モデル
Fire HD 8
2020年モデル
タブレット本体11,980円9,980円
キッズカバー3,780円2,980円
事故保証プラン
(2年間)
2,380円1,980円
Amazon Kids+
(1年間)
5,760円
(月額480円x12ヶ月)
個別購入合計23,900円20,700円
キッズモデル15,980円
(-7,920円)
14,980円
(-5,720円)
家族みんなに最適!Fireタブレット キッズモデルのポイント解説と選び方
Amazon Fire 7・Fire HD 8・Fire HD 10 タブレット キッズモデルを実際に使ってみて感じたポイントと最適なモデルの選び方をご紹介します。

旧モデルからの買い替えは?

旧モデルをお持ちで2022年モデルへの買い替えを検討されている方向けに、買い替えオススメ度をご紹介します。

2018年以前のモデルをお持ちの方の場合、買い替えは間違いなくオススメです。

ですが2020年モデルをお持ちの方の場合、性能面では小幅な変更のため、バッテリーの劣化などがない限り、64bitアプリ対応やディスプレイミラーリングにメリットを見いだせるか検討が必要です。

買い替え先買い替え
オススメ度
注目ポイント
Fire HD 8
2022年モデル
30%高速化
64bitアプリ対応
Bluetooth 5.2 LE
ディスプレイミラーリング
1年間保証
Fire HD 8 Plus
2022年モデル
30%高速化
64bitアプリ対応
5MPリアカメラ
Bluetooth 5.2 LE
ディスプレイミラーリング
1年間保証
Fire HD 8 キッズモデル
2022年モデル
30%高速化
64bitアプリ対応
ディスプレイミラーリング

まとめ

第12世代となる『Fire HD 8 タブレット 2022年モデル』『Fire HD 8 Plus タブレット 2022年モデル』『Fire HD 8 キッズモデル 2022年モデル』が約2年4ヶ月ぶりに登場です。

Fire HD 8とFire HD 8 Plusは保証期間が1年間に延びましたが、米国では2020年モデルから$10の値上げで済んだところを、為替の影響か日本では2,000円の値上げとなってしまったのは残念です。

一方でFire HD 8 キッズモデルは『Fire 7 タブレット 2022年モデル』と同じ1,000円の値上げで済んでいますから、コスパの良さが再注目されますね。



タイトルとURLをコピーしました