水分が検出されました?Fireタブレットの「充電ポートを確認」通知は別の原因の可能性も

Amazon Fireタブレット 通知 充電ポートを確認 水分が検出されました デバイスを充電しないでくださいお困り
約2分で読めます

「充電ポートを確認 水分が検出されました。デバイスを充電しないでください。」

Fireタブレットで、こんな通知を見たことはありませんか?

普通に考えればUSBポートに水分が入ったのかな?と考えますが、実は別の原因で通知がでている可能性があるようです。

「充電ポートを確認」通知が必ずでるドック?

下の画像はオットが古いMacbookで使っていたTUNEWEARさんの「ALMIGHTY DOCK C1」です。

USB Type-C接続のこのドックを「Fire HD 8(第10世代)」に差し込むと「充電ポートを確認 水分が検出されました。デバイスを充電しないでください。」通知がでます。

その確率は何と100%です。

「充電ポートを確認」通知が必ずでるドック?

「充電ポートを確認」通知が必ずでるドック?

充電ポートの「通電時の異常な電気の動き」を感知している

通知の内容だけで判断するとUSBポートに水分が入ったのかな?と考えるのが普通ですが、実は「水分」ではなく「通電時の異常な電気の動き」を感知しているようです。

つまりコネクターの短絡やケーブルの断線、非対応規格による充電でも通知がでるのですね(もちろん水分の混入も含まれます)。

上でご紹介したドックは古いため、コネクターの破損や内部の断線などの理由で通知がでるようです。

水分の混入以外でも通知はでる

水分の混入以外でも通知はでる

公式ヘルプもどうぞ

設定やトラブルでわからないことはAmazonさんの公式ヘルプ「Amazonデバイス サポート」も確認してみてください。

デバイスごと、項目ごとに詳しく説明されていて便利ですよ。

なお、Fireタブレットは世代ごとにヘルプが用意されていますので「Fireタブレットの見分け方」も参考にしてみてください。

タイトルとURLをコピーしました