Widevine L1 対応!Fireタブレットが動画視聴に最適な本当の理由

Amazon Fireタブレット Widevine L1 動画 高画質選び方・周辺機器
約3分で読めます

「Fireタブレットは動画視聴に最適!」という説明をよく目にしませんか?

本体サイズやディスプレイの縦横比率、価格などを理由に挙げていますが、大抵の場合、一番大事な理由が抜けています。

そこでFireタブレットが動画視聴に最適といえる一番大事な理由である「Widevine L1対応」についてご紹介します。

私も調べてみるまで「Widevine?なにそれ?」でしたが、動画視聴にはすごく重要なんですよ。

【できること・できないこと】失敗しないFireタブレットの選び方
Amazon Fireタブレット 全モデルを使って感じたポイントやできること・できないこと、オススメのモデルをご紹介します。

Widevine、セキュリティレベルとは

「Widevine」とはGoogleさんがAndroid端末などに展開している、デジタルデータ向けコピー防止策「DRM(デジタル著作権管理)」のひとつです。

このWidevineには「L1・L2・L3」の3種類の「セキュリティレベル」が設定されていて、L1が最もセキュリティレベルが高く、L3が最も低くなります。

Widevineは無償で利用できるため、プライム・ビデオやNetflix、Disney+など数多くの動画配信サービスで採用されています。

ちなみにAppleさんも「FairPlay」という独自のDRMを展開しているため、iPadやiPhoneなどはWidevineの影響を受けません。

WidevineはGoogleが展開しているデジタル著作権管理

WidevineはGoogleが展開しているデジタル著作権管理

高画質で視聴するにはWidevine L1対応が必要

多くの動画配信サービスでは配信コンテンツの画質ごとにWidevineのセキュリティレベルを設定していて、高画質と呼ばれる「HD画質以上」で視聴するには端末側も「Widevine L1対応」が必要です。

つまり、どんなに性能の高い端末であっても、Widevine L1に非対応では高画質で視聴できません

さらに、プライム・ビデオやNetflixは、認証を受けた指定端末以外は高画質で視聴できません。

どれだけきれいな液晶画面のAndroidタブレットでも、Widevine L1に非対応で認証を受けていない場合、低画質でしか動画を視聴できないわけですね。

多くの動画配信サービスで高画質視聴にWidevine L1対応が必要

多くの動画配信サービスで高画質視聴にWidevine L1対応が必要

Fireタブレット全モデルがWidevine L1対応

Fireタブレットは全モデルがWidevine L1に対応しています。

さらに、プライム・ビデオやNetflixの指定端末の認証も受けています。

つまり、日本で展開している主要な動画配信サービスであれば、そのコンテンツを高画質で視聴できます

価格ではFireタブレットに負けないAndroidタブレットもありますが、Widevine L1に対応している製品を探すのは意外に大変なんですよ。

Fireタブレットは全モデルがWidevine L1対応

Fireタブレットは全モデルがWidevine L1対応

【更新】コスパ最高!イオシス EGBOK P803 比較レビュー
イオシスさんで台数限定ですが税込6,980円のSIMフリー 8インチ タブレット「EGBOK P803」をお迎えしたのでご紹介します。

動画視聴には「Fire HD 8 32GB」と「Fire HD 10 32GB」の2択

Fireタブレットには複数のモデルがあって選ぶのが難しいですが、動画視聴に最適なモデルを選ぶのは簡単です。

持ち運びをお考えであれば、画面サイズ 8インチの『Fire HD 8 タブレット 32GB』がオススメです。

お家の中だけでお使いなら、画面サイズ 10.1インチの『Fire HD 10 タブレット 32GB』がオススメです。

どちらもHD画質以上の解像度、ステレオスピーカー、Wi-Fi 5対応、Bluetooth 5.0 LE対応など、動画視聴に必要な基本性能をおさえています。

保存容量はmicroSDカードで簡単に増やせるため、32GBで十分です。

また、Fire HD 10は価格が高くみえますが、保証期間が1年のため、実はコスパは良好です。

ポイント
  • 解像度がHD画質超え
  • (Fire HD 10) 解像度がFHD画質超え
  • microSDカード 1TBまで対応
  • デュアルステレオスピーカー
  • Wi-Fi 5対応
  • Bluetooth 5.0 LE対応
  • (Fire HD 10) 保証期間1年
  • (Fire HD 8) 保証期間90日
  • (Fire HD 10) 価格が高い
  • (Fire HD 10) 重量465g


まとめ

お安いAndroidタブレットを購入して「困った!」の第1位が「動画が高画質で観られない!」ではないかと思います。

この辺りを心配ご無用な安心感は、さすがAmazonさんですね。

今回はオススメに含めませんでしたが、イヤホンやヘッドホンをお使いであれば、モノラルスピーカーの『Fire 7 タブレット 16GB』も、6,980円という低価格で1年保証付きを考えれば、コスパは良好です。

やっぱり動画視聴にはFireタブレットが最適ですね。



タイトルとURLをコピーしました